プロの手を借りる資金サポートのメリット

補助金や助成金の資金サポートをプロに依頼する場合のメリットを確認

補助金と助成金の紹介と依頼する専門家について

補助金や助成金のような資金サポートの申請をする時、士業者に依頼するのは1つの方法。専門的なスキルを用いて、申請までの提出書類の作成などをサポートします。また、士業者との付き合いを行い、コンサルの依頼するのも良いかもしれません。賢くできると、事業経営をするうえでプラスとなるでしょう。

資金サポートを士業者に依頼する場合のメリット

自治体の補助金申請や金融機関への融資をする際、自分で全ての作業を行うのも1つの方法です。しかし、申請書の作成や提出までの作業が多く、簿記や法律をはじめ専門的な知識も必要。その分時間と労力が掛かってしまい、却って負担が増える原因となりかねません。その場合、資金サポートのプロに依頼するのがオススメです。

経済産業省または地方自治体からの税金が財源となる補助金は、中小企業や小規模個人経営者の事業活性化や効率化を図るための費用です。その申請代行は、弁護士や中小企業診断士といった士業者に依頼するのは1つの方法。他には、認定支援機関やコンサルティング会社もアリ。それぞれプロならではのスキルを用いて、事業経営者の経営方針を確認したうえで円滑な申請へと進めてくれるでしょう。また、士業者を賢く活用してコンサルのサポートが受けられると、事業経営をするうえでプラスになるのが見込めます。ただし、補助金を受けられる数の上限が決まっている分、申込数が多いと他所との競争となります。申請書の作成が上手くできても、審査が通らない可能性はあります。

受給条件が満たされていると概ね受け取れる助成金は、雇用関係や労働環境の改善を目的として交付される費用。その財源は雇用保険料からであり、申請は社会保険労務士の独占業務となります。そのため、他の士業者に資金サポートの代行依頼ができません。助成金を得るための審査に通過するには、企業の取り組みも欠かせません。例えば、雇用関係だと誰でも雇用するのではなく、適切な人材を長年採用している姿勢を見せる必要があります。助成金を得るのが目的ではなく、仕事を通じて結果を出すようにしましょう。

士業者以外の人も資金サポートの申請ができるの?

資金サポートを依頼する際、助成金は社会保険労務士の独占業務。補助金であれば他の士業者でも可能。では士業者以外の専門家に補助金申請を依頼するのは良いでしょうか?選ぶ人を間違えると、時間と労力が掛かる原因となりかねません。確認を行い、自分に合った専門家を選ぶようにしましょう。

専門家に頼り過ぎるのは良くないかも

補助金や助成金の資金サポートを士業者をはじめとした専門家に依頼するのは良いでしょう。書類申請や作成の代行してくれるため、自分の仕事に時間を充てられます。しかし、全ての作業を専門家に任せてしまうとデメリットが生じる原因となりかねないので、注意が必要です。

TOPへもどる