プロの手を借りる資金サポートのメリット

補助金や助成金の資金サポートをプロに依頼する場合のメリットを確認

>

補助金と助成金の紹介と依頼する専門家について

士業者に依頼するメリット

時間と労力のある人で補助金や助成金申請を自分で行うと、資金サポートの代行への費用は掛かりません。しかし、士業者に依頼するメリットはあります。

補助金や助成金の書類提出後に審査があり、その通過が必要。経験豊富な士業者であれば審査に通過するためのノウハウがあるため、そのポイントを教えてくれます。特に補助金申請の場合は他所との競争になる可能性が出ますが、1つのアドバンテージが得られるかもしれません。また、第三者目線からの書類作成をすれば客観的な形で表現ができるため、審査担当者に伝わりやすくなるでしょう。他には、書類提出までにミスやズレの有無までを士業者が確認すると、心強さを得られます。

士業者によっては補助金や助成金の情報量を数多く持っており、事業経営者に合ったものを紹介してくれます。それにより、事業経営をするうえでの知恵が得られるのではないでしょうか。

事業経営のサポートもしてもらえる?

士業者の中には、資金サポート以外に事業経営におけるアドバイスをしてくれます。

例えば、中小企業診断士であれば、プロの視点で経営の診断や助言を行います。そのうえで、具体的な経営計画や中長期的な成長を図るための支援をします。人によっては経営コンサルのような役割も。事業経営の見直しが上手くできれば、マイナスになるリスクが減り。

事業経営を進める中で、経営権を人に譲る事業継承が必要なケースも出るかもしれません。また、認許可や法務に関する知識が必要になる場合も。行政書士であれば、各種的確に進めるのが期待できます。他には、企業再生や経営向上を図るためのアドバイスもしてくれます。

自分の事業経営に合った士業者を選べると、頼れる味方となるのではないでしょうか。初めての依頼を考える人は、無料相談サービスがあれば利用すると良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる