プロの手を借りる資金サポートのメリット

補助金や助成金の資金サポートをプロに依頼する場合のメリットを確認

>

専門家に頼り過ぎるのは良くないかも

任せたままで良いとは限らない

補助金や助成金といった資金サポートを依頼する際、士業者に依頼すれば手続き完了まで代行してくれます。しかし、任せたままの状態で良いとは限りません。

例えば、補助金や助成金に関する知識が豊富な士業者であれば、さまざまな情報があります。各種情報収集できる機会が得られるため、次の申請をする際に活かせるのではないでしょうか。

書類作成を進めると、自分の方向性とズレが生じるケースも。審査やヒヤリング時に、その点を指摘される可能性が出ます。必要に応じてコミュニケーションを図り、方向性を一致する作業も必要です。他には、審査に通過できなくても、良好な関係であれば次に繋ぐための質問や疑問をしやすくなるでしょう。

資金サポートの依頼をすれば終わりではなく、適度な関係づくりは大切です。

賢く付き合うためのコツ

士業者をはじめ専門家に資金サポートの依頼をする場合、長い付き合いができれば経営コンサルや他の書類作成の代行もしてくれるはず。特に事業経営者は書類作成をする機会が多く、時間をかけすぎると自分の仕事に支障をきたしかねません。

事業経営に強い専門家と良好な関係ができれば、きっと必要に応じてサポートしてくれます。自分では難しい作業であっても、スムーズにしてくれると安心です。

専門家も得意分野があるはず。自分の事業経営と合っている人だと、必要に応じて相談をしやすくなるはず。経営コンサルや見直しのサポートが得られると、事業経営の観点でもプラスとなります。なお、自分なりの研究をしたうえでサポートの依頼ができれば、より質の高いサービスが受けられます。


この記事をシェアする
TOPへもどる